「食」を農業から学んでみようプロジェクト 経過報告③

畑を見に行って来ました。 畑に行くと、いつも広大な畑の中にポツンとしゃがみ込んで小さな葉っぱと向き合っている寺西さん(まちの先生)を見つける事ができます。 毎回その姿を見るときに、寺西さんの野菜への愛情を感じます^ ^ 子ども達も大人達も、そんな背中を見て、ようやく少し伸びはじめた野菜の小さな葉っぱがどれだけ大切かを学んでいます。 さて、一週間ぶりの畑でしたが、野菜によって成長の度合いはバラバラ。 大根の葉っぱはよく伸びていましたが、レタスの葉っぱはホントに淋しいくらい小さいままでした。 野菜によってこんなにも成長のスピードが違うんだなぁ。 なんでもすぐに結果を出したがる今の世の中ですが、農業はゆっくりじっくり待つという事も教えてくれています。 

New Topics