今週のコドモギルド報告



今回は小学生7人、中学生4人、大学生を含む若者4人とおばさん1人(私)でワイワイ楽しく過ごしました。


コドモギルドという場所を 「カオスだよね」 と表現する子どもやスタッフ(私も含め)がいるのですが、

それでも集まってきてくれる子どもたちを見ていると、 その混沌さや曖昧さの中に心地よさを感じてくれているのかなと。


それはやはり、若者スタッフたちのあり方に由来していると感じています。

子どもたちに「こんなふうになってほしい」という目標がそもそもあまりなく、 子どもたちと「こんなふうに楽しみたい」という思いが強い。


子どもたちの将来を見据えるのではなく 今この瞬間を全力で楽しむことに重きを置いているというか。


そのゆるさが 逆に潔く、 心地よいのです。


外では目に見えない期待やプレッシャーに囲まれている子どもたちが、 ここへ来てそういうものから解放され、ちょっと羽目を外せる場所になればいいなぁと思います。

New Topics