コドモ農業大学 ~2020年秋冬~ 参加者募集!!!

August 4, 2020

 

--------10年先も記憶に残る学びを!-----------


「まちの先生プロジェクト~コドモ農業大学~」

畑を舞台に繰り広げられる子どもたちの青春物語?!

汗あり、笑いあり、
ときには衝突も??

台本無しの誰もが主役。

野菜作りが好きでも
そうじゃなくても
それぞれが輝ける舞台がここにはあります。

 


※「コドモ農業大学」は令和2年度 独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業です。

 

 

■コドモ農業大学って、何をするの?

―農業を通して、「土を耕す」ところから「食べる」「売る」ところまでの一連のプロセスを実体験から学びます。子どもたちが自分たちでアイデアを出し合い、挑戦、失敗、リベンジを繰り返せるプロジェクトベースの学びを行います。

《予定している大まかな内容》

◯畑での土作り、野菜栽培、収穫、種取り
◯畑外での話し合い(野菜の成育状況の報告や計画の修正、販売会、試食会の計画、費用の管理)
◯収穫した野菜の試食会
◯収穫した野菜の販売
◯来期の畑プラン作り(何をどれだけ作付けするか)
etc.


◎「まちの先生プロジェクト」の過去の活動報告はこちらから
→https://www.tayounamanabi.com/learn

 


■コドモ農業大学で大切にしていることは何ですか?

―子どもたち一人一人が自分の価値に気づき、社会の中で幸せに生きていくための土台を育むことです。そのためには、安心して失敗できる場所、何度も挑戦できる場所、また支え合える仲間がいる場所を提供することが大切だと考えています。

 


■農業が初めてでも参加できますか?

―もちろん大丈夫です。活動場所である「ほたるファーム」のオーナー寺西さんが、一から親切に教えて下さいます。もともと外に出るのがあまり好きではなかった子も、広大な畑で作業するうちに、おいしい空気や開放感がやみつきになり、畑が大好きになることも多いです。

 

―――――――――――――――――――――――――――――

 

 

【日程】
2020年9月8日~2021年2月9日

〈全体活動日の予定〉

 9月8日(火)  顔合わせ&じゃがいも植え付け(場所:ほたるファーム)
 9月15日(火) 計画会(場所:あいぱれっと)
 9月23日(水) 畑作業
10月 6日(火) 畑作業
10月20日(火) 計画会&野菜染め(仮)(場所:未定)
11月10日(火) 畑作業
11月24日(火) 計画会(場所:未定)
12月  8日(火) 畑作業
12月22日(火) 計画会&ビタミンCが多い野菜を調べてみよう(場所:未定)
 1月12日(火) 畑作業
 1月26日(火) 試食会(場所:未定)
 2月 9日(火) 振り返り
詳細は参加者に後日連絡いたします。

※予定日時や活動内容は変更になることもあります。
雨天などで活動が中止になってしまう日があるかもしれませんが、参加費の返金などはできませんのでご了承下さい。

※上記日程以外に畑当番(1~2回/月),販売会があります。また適宜slackやzoomなどのオンラインツールを使っての話し合いがあります。

 


【場所】
●ほたるファーム(大宮花の丘農林公苑近く)

住所:埼玉県上尾市戸﨑353-2
アクセス:上尾駅西口からバス12分「戸崎自治会館」下車すぐ

※車で来られる方は、畑に駐車できるスペースがあります。

●さいたま市内の公共施設など

 


【対象】
小学1年生~中学3年生

学校に通っていない方
学校が合わないと感じる方
学校以外の学び場を探している方など

※今期からはお子様だけでの参加もOKです。一緒に畑に来られる保護者の方も楽しめるように、大人用の畑スペースも設けようと考えております。大人も楽しんじゃいましょう!!

 


【定員】
15名(先着順)

 


【参加費】
早割(8/10〆切) 22,000円/6カ月
通常(8/22〆切) 24,000円/6カ月
兄弟割 20,000円/6カ月(兄弟2人目から)

※8/31(月)までに指定の口座にお振込み下さい。
分割払いを希望される方はご相談下さい。

振込先:ゆうちょ銀行
    店名 〇九八(ゼロキュウハチ)
    店番 98 
    預金種目 普通預金
    口座番号 3176480
       名前 フューチャーデザイン

 


【キャンセルについて】

●活動開始日(9/8)の10日前まで:キャンセル料は不要です

●活動開始日(9/8)の前日から9日前まで:60%

●活動開始日(9/8)以降:返金はできません

●新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が発令された場合:新型コロナウイルス感染拡大防止についての項目を参照

 


【申込み方法】
お申し込みはこちらから

 

 


【準備が必要なもの】
汚れても良い服装、作業用手袋、長靴、スコップ

 


【新型コロナウイルス感染拡大防止について】
新型コロナウイルス感染拡大により緊急事態宣言が発令された場合、または状況を鑑みてスタッフが必要と判断した場合、以下のようなお願いをさせて頂くことがありますのでご了承ください。

・マスクの着用
・体温測定
・一回の活動の人数制限(分散での活動)
・活動内容の変更(計画会などはオンラインになることもあります)
・公共交通機関での移動の制限

※緊急事態宣言発令時点で、その後の活動を継続するかどうかのご検討をお願いします。キャンセルされる場合は残りの月の参加費を返金させていただきます。

 


【スタッフ紹介】

 

◯寺西正憲(てらにしまさのり)

ほたるファームオーナー。(https://hotaru-farm.jimdofree.com/)
子供のころから虫取り、魚とり、森遊びが好きで、友人とももっぱらの山を駆け回っていました。専門学校にて有機農法を学び、その後静岡にて有機野菜を作る農場を持つ会社に就職。その後都会でサラリーマンとなるが、土への愛情が忘れられず原点回帰、今に至ります。


◯原田順子(はらだじゅんこ)

国際モンテッソーリ協会(AMI )モンテッソーリ0-3歳入門コース修了。日本モンテッソーリ教育綜合研究所 モンテッソーリ教師3-6歳修了.。高等学校教諭一種免許(公民)。
子どもたちの中には、それぞれ色々なタネがあって、私はそれに触れたとき、宝物をみせてもらっているような気持ちになります。
子ども自らの育ちをこっそり全力で応援します!


◯萩原裕子(はぎはらゆうこ)

多様な学びプロジェクト副代表。看護師。14歳と9歳の2児の母。
子育てをきっかけに、子どもの個性が輝く社会を作りたいと思い、子どもに関わる活動を始める。
プロジェクトチーム「GIFT」、「さいたま不登校親の会 きりかぶ」、子ども食堂「こもれび」の立ち上げに携わり、2017年夏より「多様な学びプロジェクト」の運営に携わる。
コドモ農業大学では、子どもたちの斬新なアイデアやおもしろ発言をひたすら楽しませてもらってます。子どもたちに負けないくらい自分も思いっきり楽しむ!をモットーに活動しています。

 


【お問い合わせ】
futuredesign15@gmail.com(萩原)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎畑の雰囲気を知りたい方は、体験(1,000円/回)も受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい♫
 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

New Topics
Please reload

Category
Archive