【子どもの学びの瞬間を邪魔しない@コドモ農業大学】



今週のコドモ農業大学は秋冬野菜の収穫🥬でした。


さあ、収穫しよう。 と思ったら、子どもたちがいない(笑)

どうやら、ちょっとヘソを曲げてしまったお友達が一人で離れた所に行っちゃったのが気になって、畑作業どころじゃないようです。


入れ替わり立ち代わり、その子の様子を誰かが見に行く。

でも決して近寄りすぎない。

その子が気配を感じられる絶妙な距離感を保ちながら、そこに佇む(笑)。


面白いな〜と思って見てました^ ^


そんな事を結構な時間やっているうちに、 ヘソを曲げてしまってた子は、少しずつ少しずつ、畑の方に戻ってきて、最終的には畑作業で大活躍。


自分なりにちゃんと気持ちを入れ替えて ほんとにすごいなと思いました。


と同時に 周りの子どもたちの絶妙なアプローチに拍手です👏


大事なのは 関心を示しながらも、その子のペースを大切にすること。

大人の私たちが、ついつい忘れちゃいがちな事を子どもたちから教えてもらいました。


というわけで、予定していた野菜の収穫はほとんど大人がやりました(笑)。

子どもたちにも経験してほしかったけれど。


だけどいつも子どもたちを見ていると、 こっちが予定してた学びなんて どうでもいいなって思えてきます。

だって子どもたちの関心のあるところには 大抵それ以上の学びがあるからです。


学ばせることなんてしなくても 子どもはその瞬間瞬間に必要なことを 自らしっかり学んでます。

それを大人の予定に合わせて 邪魔することのないように 肝に銘じています。




----------------------------------------


◎コドモ農業大学 体験受付中

お問い合わせはこちらから →futuredesign15@gmail.com(担当: 萩原)

New Topics
Category
Archive
Tag
多様な学びプロジェクトLOGO