【メディア掲載】「街のとまり木」原点インタビュー

多様な学びプロジェクトは、「すべての子どもが豊かな子ども時代を過ごせる社会」を目指しています。

平日昼間に安心して過ごせる「街のとまり木」ポータルサイトの運営や、不登校、ホームスクーラー保護者や支援者が交流できる「とまり木オンラインサロン」、オンライン講座など、学校外の多様な学びの場で育つ子どもたちを支えるさまざまな活動を行っています。 多様な学びプロジェクトは、一人の母親が子どもの「不登校」に直面した経験から始まりました。 ゴールデンウィーク明けは、はりつめていた新年度の緊張の糸が切れ、登校がつらい、登校しぶるケースが増える時期でもあります。 こちらは2020年に掲載された代表・生駒知里のインタビューですが、多くの方に読んでいただきたく、あらためてご紹介します。 朝日新聞デジタル2020年7/31配信 【不登校の苦悩「脳が退化する」 母はとまり木を考えた】 「きっかけは、生駒さんの長男が7年前、不登校になったことだった。」 本文はこちらから↓ https://www.asahi.com/amp/articles/ASN7Y5V2KN7JUTIL02D.html



このようにして始まった、平日昼間に安心して過ごせる地域の居場所と不登校、ホームスクール家庭をつなぐ「街のとまり木」マップは、現在ポータルサイトとして運営されています。 より使いやすい形になるように、さらに多くの方に利用、登録いただければうれしいです。

https://tomarigi.online/

名前、住所、地域などで検索できます。レビュー機能もあります。 *居場所を運営されているみなさまへ 「街のとまり木」登録は無料です。フリースクール、フリースペース、親の会、カフェなどの居場所をされているみなさま、登録お待ちしています!


New Topics