【プレスリリース】#学校ムリでもここあるよ2022キャンペーンオープニングイベントを開催します


2022年8月12日発信



【子どもの自死を防ぐ #学校ムリでもここあるよ2022キャンペーン

オープニングイベント「人には居場所が必要。」開催します】




警察庁の統計によると2020年の児童生徒の自殺者数は499人で、1980年以来過去最多となり、翌2021年も473人と、年間500人近い子どもが自死を選んでいます。長引くコロナ禍は子どもたちにも大きな影響を及ぼしていますが、子どもの自死はコロナ以前より日本社会において目を背けてはならない大きな問題です。

特に夏休みが明ける時期が1年の中で自死率が最も高く、学校という場が、ある子ども達にとって死を選ぶほどの心の負担になり、また周囲にそのことを相談できる関係がないことが想像されます。事実、厚生労働大臣の指定法人・いのち支える自殺対策推進センターの12年間の分析でも、10代の自死が多く起きる時期は夏休み明け、時間帯は登下校の時間帯であり、自死をする前の1番多い発信は「学校に行きたくない」だった事が分析されています。


そのような問題に対して、私たちは2019年より学校や家庭以外でも、安心できる居場所や相談場所があることを特設サイト(https://cocoaru.org/)で紹介する 「#学校ムリでもここあるよ」キャンペーン実行委員会の協力団体の一員として、「学校以外の場でも子ども達を受けとめるよ」「社会全体で子ども達を見守っているよ」というメッセージを子どもたちや社会に伝えてきました。4年目となる今年も、子どもたちの夏休み明けの時期に合わせてキャンペーンを行います。


またキャンペーンの開始に合わせて、保護者、学校関係者、地域の居場所運営者を対象に、オープニングイベントを開催し、地域、家庭、学校で、SOSのサインを発している子どもの気持ちに寄り添い、気づく大人を増やすことで、子どもの自死を社会全体で防ぐことを目指します。


キャンペーン概要


①オープニングイベントの開催


《日時》2022年8月16日(火)14:00 〜 16:30

《会場》オンライン(Youtubeライブ配信)

《登壇者》松本 俊彦 氏(国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 薬物依存研究部 部長)

高橋 聡美 氏(中央大学 人文科学研究所 客員研究員)

モデレーター:生駒 知里(FUTURE DESIGN/多様な学びプロジェクト 代表)

《テーマ》人には居場所が必要。 《イベント詳細》https://cocoaru.org/news/2022openingevent/

《参加申込》https://cocoaru2022.peatix.com/


②学校、家庭以外の居場所や相談場所の特設サイト「cocoaru.org」の開設


《期間》2022年8月17日(水) 〜 9月9日(金)

《内容》キャンペーン期間中に、フリースクールやこども食堂、冒険遊び場などの子どもの居場所に関する情報ならびに子どもの相談窓口などの情報を特設サイト(https://cocoaru.org/)上で紹介する。合わせて、キャンペーンに賛同する団体・個人の方向けにバナーを提供する。




ポスター



バナー



主催:#学校ムリでもここあるよ2022キャンペーン実行委員会

■本プレスリリースについてのお問合せ

多様な学びプロジェクト 生駒知里 futuredesign15@gmail.com

サイトトップページのお問合せフォームからもお送りいただけます。





New Topics