コドモギルド第3期 最終日!

August 20, 2019

 


コドモギルド最終日は、梅雨も明けた猛暑日でした。

いつもより少し早く集まったメンバー達は、なんとか流しそうめんを実現するために、朝から竹と格闘。

まさか当日まで、この作業が持ち越されるとは…予想外でしたね(笑)。

相変わらず、適切な道具を持たないメンバー達は、先週に引き続き工具セットの中からマイナスドライバーやらペンチやらを持ち出して、何とか竹の節を取ろうと必死。

汗だくになりながら、みんなでトンカントンカンやってたら、スタッフではない大学生が一人やってきて、マイやすりで竹をものすごくキレイに✨擦り始めました。

どうやら剣道をされている学生さんらしく、竹刀をいつもそれでメンテナンスしてるそうです。

学生さんの惚れ惚れするような仕事に感動し力をもらったメンバー達が、気合いを入れ直してまた竹と格闘していると、

今度は、近くで工事していた大工のおじちゃん達が興味深々で集まってきました。
そして、おじちゃん達も参戦(笑)。

本職の方に、マイナスドライバーと竹というありえない道具を渡し(笑)、手本を見せてもらうと、ここはさすがプロ!!
めちゃくちゃ上手に竹の節を削っていくのです👀。

まさに「弘法筆を選ばず」ですね〜。

そんな思わぬ助っ人達に大きく助けられ、励まされながら、ついに流しそうめん用の竹が完成しました!!!

一生懸命何かに打ち込んでると、自然に協力してくれる人が集まってくるんだな…と学んだ経験でしたね。

その後、まさかのドライバーが一本足りないという事件があり、一時間くらいみんなで探しまくるも見つからず、そもそも最初から揃ってなかったのでは?と、その日スマホで撮った写真の検証まで始まり…。

メンバー達は空腹と疲労で途方に暮れ始め、「もう流しそうめん食べなくていい」と投げやりな発言まで出はじめ、今期最大のピンチでした(笑)。

怒りや悲しみが溢れ出す。
負の感情をぶつける。
みんながお互いの気持ちを肌で感じる事ができる経験でした。

出会った頃は出せなかった自分。
それが出せるようになったのは、メンバー同士の信頼がいつのまにかできたからなんだと思います。

結局はみんなで話し合い、道具を貸してくれた大学スタッフに謝罪し、コドモギルドの活動費の残りでドライバーを弁償して返す事で落ち着きました。

というわけで、
メンバー達がそうめんにありつけたのは午後2時頃。

テンション下がりまくりのメンバー達に、ようやく笑顔が戻りました!

みんなで協力して、みんなでたどり着いたゴール。

色々あったけど
色々あったからこそ
最高に美味しいそうめんが食べられました!!

〜完〜 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

New Topics
Please reload

Category
Archive