オンライン講座「休校中をどう過ごす?」ホームエデュケーション家庭と海外在住者から学ぶ 開催報告

全国で休校が続く中、家庭で子どもとどのように過ごせばよいのか。

今、多くの人が関心を寄せているこのテーマについてゲストをお招きしてお話しを伺いました。

今回のゲストは、

秋田で「ハイブリッドスクーリング」を実践されている松浦真さん

ロサンゼルスで子育てをされている千葉彩さん

フィンランドで特別支援学校に勤務経験のあるアンティライネンちさとさん

と皆さん立場は様々。

そこに自身も6人の子どもをホームスクーリングで育てている多様な学びプロジェクト代表生駒がモデレーターとなり繰り広げられたクロストークでは、様々な角度からの意見が聴けてとても興味深いものがありました。

参加者も話を聴きながら感じたことや疑問などをどんどんチャットに書き込んでくれて、大盛り上がり!

子育てについて、学びについて、聞きたいこと、話したいことは尽きませんね。

松浦真さんより「ハイブリッドスクーリングの子ども達の成長と親の心持ち」

子どもは自分の興味のあることは何時間でもやり続けられる。

学校の学びが合う子もいれば、合わない子もいる。

子ども自身が自分の学びたいことを選ぶことが大切と松浦さんは話します。

松浦家の長男(当時小1)、学校に行くとおなかが痛くなるようになったそうです。

災い転じて福となす。ハイブリッドスクーリング(学校を活用した家庭中心での学び)をはじめ、その子に合った学び方の可能性に気づかれたそうです。年間40日ほど旅に出て様々な経験や出会いから学んでいるんだそうです。

家にも人がたくさん来るため、学校外でも社交性は十分身につけられるとおっしゃっていました。

千葉彩さんより「ロサンゼルスで長く外出自粛を経験する中で体験共有」

千葉さんの住むロサンゼルスでは、学校が休校になってすぐにオンライン授業が始まったそうです。 給食がなくなっても、毎日子どものための朝食と昼食が配られるなどの体制も整っているようです。日本のお母さんからすると羨ましいですね!!

今回コロナの経験を通して、千葉さんが子どもに願うようになったことは「どんな状況でも柔軟に生きていけること」。そのためにはまず親自身が柔軟である必要があると考え、親のセルフケアを目的としたオンラインお茶会を始められたそうです。

セルフケアは利己的なものではなく必要なもの!というのがとっても印象的でした。

アンティライネンちさとさんより「フィンランドで大切にしていること&休校の過ごし方」