休校明けの子ども達にいま大人ができること/5月31日オンライン講座

=令和2年度 独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業=

参加される方は https://tomarigi-online2.peatix.com/ にてチケットを購入ください。

新型コロナウィルスによる休校期間が延び、学校再開の声も聞こえる中で、

保護者からの悲鳴にも近い声が聞こえるようになってきました。

「学校からの課題を子どもにさせようとすると、ケンカばかりで虐待に繋がりそう。」

「子どもが外に出ていると教育委員会に通報が入ったり、先生が見回ってたり。外に出づらい空気があって、、、。」

「子どもが前より甘えるようになったり、泣き叫ぶようになって、ずっと一緒にいるとイライラしてくる、、、。」

「今はいいけど、学校が再開したらどうなる?」

また不登校、ホームスクーラーの親御さんからは、

「休校明けはなんとなくザワザワする」

「家庭で育つ子に親ができる関わりって?よりよく付き合うヒントが欲しい」

という声も頂いています。

また学校現場の先生は、緊急事態下で子ども達をどう迎えたらいいか? 

今まさに悩まれているのではないでしょうか?

<こんな方に向いています>

☑︎長引く休校や学校再開で、子どもと無理なく付き合うヒントが欲しい親御さん

☑︎家庭で育つ不登校やホームスクーラーの子達と、よりよく付き合うヒントが欲しい親御さんやフリースクールスタッフ

☑︎学校再開でどう子ども達を迎えたらいいのか悩まれている学校現場の先生方

☑︎そのほか、興味のある方

報道によると、18歳以下の悩み相談に応じる「チャイルドライン」への相談は、前年比⒉4倍に増えたそうです。

現在のコロナにおける長い休校や外出自粛の状況は、震災の時などの危機的状況に置かれた子ども達の状況に近く、

また不登校の子ども達の初期の状況や、病院内学級の子ども達にも似たところがあります。

私たち大人はこの危機にどう対応して、自分をケアしつつ、子ども達と付き合っていけばいいのでしょうか。

また休校明けの子ども達の何を気をつけて家庭や学校で付き合っていけばいいでしょうか。

引き続き家庭で過ごす子ども達には、どんな関わりができるでしょうか。

ドラマ『赤鼻のセンセイ』のモデルにもなり、NHK『プロフェッショナル仕事の流儀』にも出演され、病院内学級で学校に継続的に通うことが困難な子ども達へ関わってこられた副島賢和さん。

IPA(子どもの遊ぶ権利のための国際協会)前東アジア副代表で、『危機的状況における遊び 子どものくらしに関わる人のためのガイド』の日本語訳にも関わり、国内外の冒険遊び場(プレイパーク)の現場に立ち続け、子どもや親御さんを「遊び」の側面で見守ってきたプレイワーカーの嶋村仁志さん。

2人に共通するのは、子どもが発する「今」を敏感にキャッチして、受けとめ、子ども達が「安心」できる形で返せる「プロフェッショナル」な力です。

2人がそういうことができるのはどうしてでしょうか?

それは2人が理論と長い経験に裏づけられた、

「子どもの世界に上手にお邪魔できる人」だからではないかと思っています。

子どもが不登校になったことをきっかけにホームスクールで子ども達を育て、学校外で育つ子ども達の心理的・物理的なインフラづくりを進める「多様な学びプロジェクト」代表の生駒がモデレーターとなって、

2人の対談を通して、いま共通して見えている課題と、今のような危機的状況で、保護者や教育者が、どんな風に子ども達と関わったらいいのかのヒントを、2人から探っていきたいと思います。

難しい、専門的な話ではなく、今すぐ持ち帰ってできるエッセンスも用意します。