とまり木サロン保護者おしゃべり会に寄せられた感想を紹介します


多様な学びプロジェクト運営メンバーの松井です。

不登校、ホームスクールなどの学校外で育つ子供たちの保護者や多様な学びに興味を持っている人が集う「とまり木オンラインサロン」では、毎月2回、ズームでオンラインで保護者おしゃべり会を開いています。


ご参加くださった方よりアンケートを通じてお寄せいただいた感想を紹介いたします。 ■ホームエデュケーションを手探りしながらの日々ですが、多様な学びを子供のために自信をもって取り入れていいんだなぁと思えるようになってきました。

同じ学校が合わない子供を持つ親御さん達から新しい発見や刺激をもらい世界が広がっています。

子供の学校を通した付き合いだけでは知り合えなかった方々と出会えるきっかけをいただけてスタッフ運営のみなさんやお母さん方に感謝です。

ありがとうございます。


ずっと好きなこと、同じことをしていて大丈夫なのかなと不安に思う時もあり、カウンセラーの内田良子先生に質問させていただいたところ、むしろそのことを受け入れて前向きに捉えていたけて安心しました。

また他の方のご意見もとても共感できたり新しい発見があったりして、すごく安心感に繋がりました。


ホームエデュケーションて、ただ好きなことばかりしての繰り返しの日々で、本当に大丈夫なのかと自分も疲れてきたり、悩ましく思ったりしていた時だったので、むしろ大事にしていいと思えたこと、元気になれたことが今日の大きな収穫でした。ありがとうございました!


■生駒さんとゆっくりお話し出来て、ありがとうございました。

  本人は「学校に行きたくはないけど、ずっと行かないつもりではない」と言っているので、私達親も学校もそのつもりでいましたが、どうやら周りの、登校することへの期待を感じての言葉なのかな?という気がしてきた今日この頃です。

言葉の表面ではなく、その向こう側を見ないといけないなと。 本人の本当の気持ちを聞いて、夫とも話をして...しんどい作業ですが、進めていくべき時なのだと思いました。

後半のテーマ別ルームでも、いろいろ話を聞いてもらえて、メタバースや植物の栽培、ゲームのことなど、みなさんの家での過ごし方をお聞き出来て良かったです。


■同じ境遇の方々の話は、自分とは全く違う角度だったり、似ていたりで、その課題をクリアしよう考え行動している。

それらの中の失敗談が一番気付きを与えてくれる。

その話を聴けるから、とても有難いんだなぁ。

私は参加は四回位です。


🔰初めて参加の時の心理状態は、自分の目の前の問題にどうしたらいいんだ!_(._.)_

と自分の問題解決ノミに意識してました。ふつふつする毎日でした。


前半はグループ分けしていただいて、子供の学年に近い四人前後(のブレイクアウトセッション)で、一人2分位で、ぐるぐる回って話す。

自分の心の片隅に追いやってた重(思い)を吐きます。

そして、それを自分の耳で聴く。

心の整理が出来てくる。


今は、一歩引いて、相手の話が聴くゆとりが生まれました。


一番大事だと思うのは、自分は、どうしたいと思っているのか?

子供本人も今どうしたいのか?をはっきりさせる事


小さなゴール設定だけど、

じゃーどうしたいの?

正直言うと◯◯◯◯◯がいいんだよね。

を自分に叶えてあげる。


これを積み重ねていけば、

自分の現実が変わる。


何でも🆗‼️の このお話の場所がここにあります。


この場を創ってくれてありがとうございます。m(__)m

心から感謝しています。


■子どもの気持ちや話を聞く際の注意点や、信頼して任せることの大切さなどを学びました。この会に出ると、(これが)子どもの育ち方だという安心感が生まれるので、私自