まちの先生プロジェクト〜ニットデザイナー  から学ぼう〜活動報告

March 6, 2019

 

 

 

ずっとずっと子ども達からリクエストされていた、このクラス。
みんな自分の作りたい作品のイメージを持って集まりました。

好きな毛糸で
作りたいものを作る。

お友達へのプレゼントを編みたい子
カードゲーム入れを編みたい子
みんなそれぞれ。

なんの合図もなく、来た子から勝手に自然に編み物がスタートしてました。
だから私もあえて始まりの挨拶もせず、その素敵な空間を眺めていました^ ^

そのうち、一部の子達が歌い出し、
また一部の子が踊り出し…

そしてまた戻ってきて編み物に熱中する(笑)。

ずっと座ってじっと学ぶ
みたいな決まりがなければ、
こんな風に子ども達は自分でうまくペースを作りながら学ぶんだなぁと興味深く見ていました^ ^

もちろん黙々と編み続ける子もいて、
それはそれでもの凄い集中力だなと感心したり。(周りがうるさいのにね 笑)

そんな一人一人にそっと寄り添い、
子ども達のイメージを形にするお手伝いをして下さった、まちの先生沼尾さん。

ほんとに子ども達から頼りにされてるけれど、
その間に先生と生徒というような壁はなく、
なんとも絶妙に子ども達の中に溶け込んでいて、
それがまた素敵なんです。

そんな素敵なまちの先生達に出逢える子ども達は本当に幸せですね。。 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

New Topics
Please reload

Category
Archive