10/24オンライン講座「ホームスクーラー・不登校のための小さな居場所のつくり方・育て方 はじめの一歩」開催します


>詳細・チケットはこちらから

(録画視聴可)『多様な学びプロジェクト』10月のオンライン講座のテーマは「居場所のつくり方」

スピーカーは、世田谷区の「楽ちん堂カフェ」の母ちゃん隊と「ホームスクーリングで輝くみらいタウン プロジェクト」代表の小沼陽子さん、そして多様な学びプロジェクト副代表の萩原裕子です。  我が子が不登校になった……。色々やってみたけど、学校になんとか戻すのは一旦やめて、親子で笑顔になれる居場所を探してみた。だけどフリースクールは近くにないし、適応指導教室は行きたがらない。どうしよう? 居場所がないなら作る? でも、、、できるかな?  あるいは、我が子はまだ就学前だけど多様な学びの場に興味がある。 フリースクールまでいかない、小さな居場所からはじめてみたい。 そんな方はいらっしゃいますか? 今回の登壇者はかつては同じような悩みを抱えたフツーのお母さんたちでした。 でもそれぞれがさまざまな経験を経て、今は地域に根差した居場所の運営を成し遂げています。そのノウハウを今回特別に惜しみなく教えてくれます。 「楽ちん堂カフェ」の母ちゃん隊はコミュニティカフェの運営。子どもの不登校をきっかけに集まり、だれもが日中立ち寄れる居場所づくりに加え、子ども達の将来の「働き場」につなげていくケータリング事業にも挑戦もしています。それぞれの強みをいかし誰もが居心地よくいられる居場所をどうつくっているのでしょうか?

「ホームスクーリングで輝くみらいタウンプロジェクト」の小沼陽子さんは、孤立した自分自身の経験から、藤沢市を拠点にホームスクーラーにやさしいまちづくりにむけて活動しています。3人から始めた「朝カフェ」(親の会)は「まずは親が楽しむことからはじめよう」を合言葉に大人気、LINEグループは70名以上集まる大きなグループに育ちました。メンバーから次々とやりたいプロジェクトが立ち上がるその秘訣とは?

「多様な学びプロジェクト」からは萩原裕子が登壇し、地域の人と協力してつくる子どもの学びの場「コドモ農業大学」や「まちの先生」、街を舞台に地域の課題を解決するプロジェクトベースドラーニング「コドモギルド」を紹介します。地域の人と協力してつくる子どもの学びの場づくりの秘密はなんでしょうか? ☑︎仲間の増やし方 ☑︎地域の味方の見つけ方 ☑︎気になるお金のこと。 ☑︎子ども達が街で学ぶ方法 これから「居場所」を始めてみたい方、さらに活動を広げていきたい方のためのヒントがぎゅっとつまった講座です。 ぜひご参加ください!

▼こんな方に向いています ・学校外で学ぶ子どもたちや親のための「居場所」づくりを始めた方、これから作ろうと思っている方。 ・現在不登校やホームエデュケーション、行きしぶりのお子さんの保護者、フリースクール・オルタナティブスクール 関係者、または学校関係者の方。 ・「多様な学び」や「新しい学び」に興味があって、これからの教育に必要なものは何かのヒントが欲しい方。 ・その他興味のある方 ▼こんなことが得られます ・居場所始め方のコツ、運営のコツを知ることができます。 ・活動の仲間づくりとモチベーションのアップにつながります。 ・他の地域のモデルを知ることができ、交流することで「悩んでいるのは自分だけではない」と実感できます。 ▼おすすめポイント ・チャットを活用し、皆さんが今一番聞きたいことを登壇者に直接聞くことができます。 ・講義の合間に、ブレイクアウトセッション(3〜4人の対話)を行います。 聞くだけでなく、参加者同士でも振り返りを深めることができます。 ・ブレイクアウトセッションに参加せず、ラジオのように、聞くだけの参加も可能です。 ・チケットを入手の方全員に、対談動画を別途案内いたします。当日予定のある方も、後日ゆっくりご視聴が可能です。 ▼日時: 2020/10/24(土) 14:00~16:00(ルームは13:45より空いています) ▼会場: オンライン(申し込まれた方にzoomのURLをpeatixの視聴ページにてお伝えします。前日にもメールでURLをご案内します。) ▼参加費: 早割&SNSシェア割(限定枚数)アーカイブ動画付 1,100円 前売&SNSシェア割(アーカイブ動画付き)1,300円 通常(アーカイブ動画付き) 1,600円 参加チケット(とまり木オンラインサロンメンバー)無料​​ ★チケット入手はこちらから ※とまり木サロン会員(マンスリーサポーター)は月1,000円で本講座も参加でき、過去のオンライン講座も見放題、毎月の保護者の為のオンラインおしゃべり会にも参加できます。 オンラインサロン申し込みはこちらから

https://peraichi.com/landing_pages/view/tomarigi-online ※いただいた参加費の一部は、「誰1人取り残されない社会」を目指して『多様な学びプロジェクト』主催の子ども向けワークショップの参加費の減免制度に充てさせていただきます。) ▼その他注記 ※欠席された方やサロン会員向けに当日の画面は録画いたします。参加者の顔は映らないように配慮させていただきます。 ※初めての方は講座開始時間前に早めにアクセスしてください。PC、モバイル端末にアプリがダウンロードされます ※本イベントは令和2年度 独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業となります ■スピーカー・プロフィール​​ ◇楽ちん堂カフェ(NPO法人ら・ら・ら)と母ちゃん隊

「楽ちん堂カフェ」は、世田谷区野毛にあるコミュニティカフェ。 女将・森田清子のもと、「誰でも受け入れる」をモットーに、子どもからお年寄りまで様々な年代、障害のある方やシングル家庭など各々に事情のある家庭にも寄り添っている。2019年秋ごろから、不登校や発達凹凸の子どもたちが日中や放課後を過ごすようになり、その母親たちがスタッフとしてケータリング弁当や喫茶に従事。子どもたちにとって健全に成長できる環境を、楽ちん堂に集う人々と共に試行錯誤中。 楽ちん堂カフェ https://www.rakuchindo.net/ ◇小沼陽子(おぬまようこ)

藤沢市在住。2004年長男出産、2007年長女出産。長男が不登校となり、不登校児の母親として辛い思いを経験をし社会の生きづらさを感じる。2016年オリックス環境㈱を退社、大前研一氏創立「一新塾」に入塾。2017年2月「ホームスクーリングで輝くみらいタウンプロジェクト」を立上げる。我が子の不登校をきっかけに、20年間勤めた会社を辞め、考え方・生き方を転換。みんな違ってみんないい!社会を目指して活動中。 プロジェクトHP https://homeschooling-town.com ◇萩原裕子(はぎはらゆうこ)

『多様な学びプロジェクト』副代表。看護師。9歳と14歳の子どもを持つ母親。個性的な子どもの子育てを通して、人の個性に興味を持ち始める。2012年に「Gift」というプロジェクトチームを立ち上げ、子どもの個性が輝く未来を目指して、子ども向けのイベントを開催。 2015年に「さいたま不登校親の会きりかぶ」、2016年に子ども食堂「こもれびごはん」を立ち上げる。2017年に「多様な学びプロジェクト」を立ち上げていた生駒と出逢い、共に活動していくことを決める。「多様な学びプロジェクト」の中では、子どものリアルな学び場づくりを担当。2018年より、さいたま市の農家と一緒に『コドモ農業大学』をスタート。種まきから収穫、販売に至るまでの一連の流れをプロジェクトベースで子どもたちと進めている。 ■モデレーター 大町千恵、生駒知里(多様な学びプロジェクト) ■主催団体 FUTURE DESIGN(多様な学びプロジェクト) 「まち全体が学びの場」。学校外の場で育つ子どもたちが、いつでもどこでも「知りたい!」を選択できる新しい街づくり、平日昼間に家以外で気軽に立ち寄れる場所づくりをすすめています。 https://www.tayounamanabi.com/ とまり木(マップ)https://www.tayounamanabi.com/spotblog ▼参考記事・NHK放映「不登校、その先を考えてほしい」https://www3.nhk.or.jp/news/special/miraiswitch/article/article29/ ★オンライン講座チケット(録画視聴可)は直前までお申し込みいただけます!

お申し込みはこちらから

https://tayounamanabi-online-seminar20201024.peatix.com/

New Topics
Category
Archive
Tag
多様な学びプロジェクトLOGO