オンライン講座「学校ムリでも仕事につけますか?」7/25(土)開催します!


>詳細・チケットはこちらから

「不登校から仕事についた先輩の話を聞いてみよう!」

多様な学びプロジェクト主催オンライン講座、7月のゲストスピーカーは、不登校新聞編集長・石井志昂さんと、「不登校女子高生」からビルゲイツ、ベッカムの通訳をつとめる世界的通訳者となり、英語コーチングでも知られる田中慶子さんです。

▼こんな方に向いています

・現在不登校やホームエデュケーション、行きしぶりのお子さん本人や保護者、または教育関係者で、不登校経験をどう活かして仕事についたのか、不登校経験者の「その後」の話に興味のある方、家庭の中でよりよく過ごすヒントが欲しい方。

・「多様な学び」や「新しい学び」に興味があって、これからの教育に必要なものは何かのヒントが欲しい方。

・とにかく2人から元気をもらいたい方!

・その他興味のある方

▼こんな話を伺います

・学校が辛かったり行かれなくなった当時、どんな心境だったのか。その頃の「本音」と、周りの大人のどんな声かけが嬉しかったり、嫌だったのか。 ・社会と接続するきっかけ、自分を肯定するきっかけはなんだったのか。 ・仕事を始めてみて、実際に「不登校経験」はどうだったのか。

お2人の話は、自分軸を貫いた先にある「あなただから頼みたい」と思わせる現在の仕事ぶりに繋がっていました。 どうしてそうなれたのか? そこに至るまでにはどんな葛藤や曲がり道があったのか?

「不登校だと仕事に就けない?」

 そんなことはありません。お2人の体験談は、今の教育に必要なヒントもたくさん隠されていました。

「どうせ最初から優秀な人の話でしょ?」

 いえいえ、田中さんはアメリカに行くまでは英語ができなかったそうです。それがどうして今日本を代表する同時通訳者になれたんでしょうか?  石井さんは24歳で不登校新聞の編集長になったとき『不登校新聞』は廃刊寸前。それを試行錯誤の末、V字回復で立て直したそうです。

 すごい経歴をお持ちなのに、とにかく気さくでワクワクする2人の話。モデレーターは同じく不登校経験者から有名私大、大手企業に就職して、後に独立した竹之下と、保護者の立場から多様な学びプロジェクト代表の生駒がつとめます。  ぜひご参加ください!

▼こんなことが得られます ・当事者の実体験の流れを知ることで、今の自分やお子さんがどの段階にいるか客観的に把握できます。「何をしたらいいのか」「何をすると良くないのか」が具体的に分かります。 ・将来の不安についての悩みが軽くなります。 ・当事者の実体験をきくことで、お子さんの本音に気づくことができ、安心できる親子関係(人間関係)を育むヒントが得られます。 ・「学校外の学び」で育った2人から、これからの教育に必要なことのヒントが得られます。

▼その他おすすめポイント ・チャットを活用し、皆さんが今一番聞きたいことを登壇者に直接聞くことができます。 ・最初と最後にブレイクアウトセッション(3〜4人の対話)を行います。  聞くだけでなく、参加者同士でも振り返りを深めることができます。 ・ブレイクアウトセッションに参加せず、ラジオのように、聞くだけの参加も可能です。 ・チケットを入手の方全員に、対談動画を別途案内いたします。当日予定のある方も、後日ゆっくりご視聴が可能です。

▼詳細日時: 2020/7/25(土) 10:00~12:00(ルームは9:45より空いています)

▼会場: オンライン(申し込まれた方にzoomのURLをpeatixの視聴ページにてお伝えします。前日にもメールでURLをご案内します。)

▼参加費: 前売&SNSシェア割(アーカイブ動画付き)1,300円 通常(アーカイブ動画付き) 1,500円 参加チケット(とまり木オンラインサロンメンバー)無料 ※とまり木サロン会員(マンスリーサポーター)は月1,000円で本講座も参加でき、過去のオンライン講座も見放題、毎月の保護者の為のオンラインおしゃべり会にも参加できます。オンラインサロン申し込みはこちらから→https://peraichi.com/landing_pages/view/tomarigi-online

▼その他注記 ※欠席された方やサロン会員向けに当日の画面は録画いたします。参加者の顔は映らないように配慮させていただきます。 ※初めての方は講座開始時間前にアクセスしてください。PC、モバイル端末にアプリがダウンロードされます ※いただいた参加費の一部は、『多様な学びプロジェクト』主催の子ども向けワークショップの参加費の減免制度に充てさせていただきます。(子ども向けワークショップ減免制度について学校外で育つ子ども達には国からの公的補助がないため経済格差が教育格差になりやすく、私たちは「誰1人取り残されない社会」を目指して子ども向けワークショップの「減免制度」の導入を目指しております)

※本イベントは令和2年度 独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業となります

▼スケジュール(変更する可能性もあります) 10:00 主催者挨拶 10:05 少人数に分かれてトークルームで自己紹介 ※残りたい方はメインルームに残れます 10:10 お2人の対談 11:35 少人数に分かれてトークルームで振り返り会 ※残りたい方はメインルームに残れます 11:55 クロージング 12:00 終了

--- ■ゲストスピーカー・プロフィール ■石井志昂(いしい しこう)

1982年、東京都町田市出身。中学校受験を機に学校生活があわなくなり、教員や校則、いじめなどを理由に中学2年生から不登校。同年、フリースクール「東京シューレ」へ入会。19歳からNPO法人全国不登校新聞社が発行する『不登校新聞』のスタッフとなり、2006年から編集長。これまで、不登校の子どもや若者、識者など400人以上に取材してきた ▽参考記事 不登校だったぼくが、不登校専門紙の編集長になるまでhttps://shingakunet.com/journal/career/9272/ ■田中慶子 (たなか けいこ)

フリーランス通訳・エクゼクティブコーチ・英語コーチ愛知県出身。 日本の高校を卒業後、劇団研究員、NPO活動を経てアメリカ最古の女子大であるマウント・ホリョーク大学を卒業。国際関係論専攻。帰国後は衛星放送事業者、外資系通信社、NPO勤務の後、フリーランスの同時通訳者に。天皇皇后両陛下、総理大臣、ダライ・ラマ、ビル・ゲイツ、デビッド・ベッカム、U2のBONOなどの通訳を経験。コロンビア大学にてコーチングの資格を取得し、ポジティブ心理学なども取り入れたエグゼクティブ・コーチとしても活動中。 2020年3月 慶應義塾大学大学院システムデザインマネジメント研究科修了。 現在は自分が英語を学んだ経験や、通訳トレーニング、コーチングセオリーを活用した「コミュニケーションと学びのメソッド」構築のため研究員として在籍。 著書:「不登校の女子高生が日本トップクラスの同時通訳者になれた理由」 ▽参考記事“普通”ができない私はダメですか? 不登校の高校生だった私にいま伝えたいことhttps://wotopi.jp/archives/89463

■モデレーター

□竹之下 倫志

一般社団法人HALOMY理事/いじめ構造変革プラットフォーム(PIT)共同発起人/社会的インパクト評価コンサルタント鹿児島県出身。高校中退、ひきこもり後、フリーター、大学を経て日系メーカー、外資系会計ファームにて従事。その後フリーランスのコンサルタントとして独立。並行して複数の教育団体を立ち上げ、学校教育変革や、いじめ・不登校領域での様々な事業を実施している。その他、社会的事業やプロスポーツに関するWebライター/編集者としても活動中。経済産業省主催グローバル起業家育成プログラム「始動」シリコンバレー派遣選出メンバー。グロービス経営大学院(MBA)卒。

□生駒 知里(『多様な学びプロジェクト』の運営団体FUTUREDESIGN代表)

神奈川県川崎市在住。2歳から14歳まで6児の母。 「孤独な子に寄り添える大人になりたい」と『川崎市子ども夢パーク』のオープニングスタッフに。出産を機に退職。長男が小1の秋から学校を「辞めた」ことで焦りや不安を感じる日々を過ごし、不登校家庭の心理的・物理的ケアが少ないことを身をもって経験。「誰もがあきらめない社会」を目指し、子ども達が街を居場所・学び場に活動し「不登校」の社会のイメージを変える『多様な学びプロジェクト』を2017年より始める。上の4人はホームエデュケーション、フリースペースなど学校外の学びの場で育っている。 全国の団体や施設と連携して、子ども達の居場所を可視化するとまり木マップを作成中。

■主催者 FUTURE DESIGN(多様な学びプロジェクト) HP 

https://www.tayounamanabi.com/

とまり木(マップ)https://www.tayounamanabi.com/spotblog ▼参考記事・NHK放映「不登校、その先を考えてほしい」

https://www.nhk.or.jp/d-navi/2020/article_29.html

★オンライン講座チケットは直前までお申し込みいただけます。  お申し込みは、こちらから https://tayounamanabi20200725.peatix.com/

New Topics