朝日新聞電子版とYahoo!ニュースに「学校への依頼文」フォーマットを取り上げていただきました

朝日新聞電子版に「不登校と学校への欠席連絡」「新年度の引継ぎ」についての記事が掲載されているので紹介します。

多様な学びプロジェクト<とまり木オンラインサロン>有志メンバーによる「学校への依頼文」フォーマットとアンケート報告事例集も取り上げられています。 朝日新聞電子版 4/14付 「不登校なのに「連絡帳で欠席連絡」 午前7時半のチャイムが鳴ると…」

https://www.asahi.com/articles/ASQ4F5QNRQ3QULEI00P.html

 不登校の子どもがいる家庭が、学校への欠席連絡に負担があるという記事の中でご紹介いただきました。

4/16付 「担任替わると「引き継がれない」悩み 不登校児家庭の集合知で解決」 https://www.asahi.com/articles/ASQ4F5Q7SQ4DULEI00J.html  新年度のお悩みを解決する方法としてご紹介いただいています。学校と家庭が対立することなく、対話するための土台として使ってほしい旨も書いていただいています。 上記から冒頭が読めます。全文を読むには会員登録とログインが必要ですが、現在、春のキャンペーン中で初回・二カ月無料です。お読みいただければうれしいです。 また、4/16付記事は、yahooニュースでも取り上げられました。(朝日新聞の記事の一部抜粋記事になります。) https://news.yahoo.co.jp/articles/45ee9ffdffc9418b998dcca99f6f88006f929001

関連記事・NHKおはよう日本で「学校への依頼文」フォーマットが紹介されました 多くの不登校・ホームスクーラー家庭を悩ませてきた「学校とのやりとり」を少しでもスムーズにできればという思いでリリースした文書フォーマットとアンケート報告事例集。これらがメディアを通じてたくさんの方の目に留まり、利用していただくきっかけが生まれていることを、作成したメンバー一同、嬉しく思っています。 大手メディアだけでなく、YouTubeやブログ、SNSなど、個人発信のメディアでもご紹介いただいたとの報告もたくさんいただいています。 また、実際に使われている方からも、 「学校の先生からも助かると言われました。」 「チェックするだけで文書ができるので忙しい新学年でも楽につくることができました」という声をいただいています。 それだけ多くの方に必要とされていたものだったことに改めて気付かされています。 1人の保護者の想いからつくられた、「学校への依頼文」フォーマットと「アンケート報告事例集」は、こちらからどなたでもダウンロードしていただけます。 【拡散歓迎】「学校への依頼文」フォーマットを公開します 不登校の子を持つ1人の保護者の一言から始まったフォーマット作成企画 630名以上の知恵を集めてついに公開です! https://www.tayounamanabi.com/single-post/gakko-iraibun

また、多様な学びプロジェクトが運営するとまり木オンラインサロンでは保護者どうしが交流し、経験談や知恵の交換を行っています。この依頼文作成企画も、一人の保護者の声から始まり、輪が広がっていきました。

とまり木オンラインサロン詳細・お申し込みはこちらから。お待ちしています!

https://peraichi.com/landing_pages/view/tomarigi-online

New Topics