【開催報告】 「不登校」「ひきこもり」の子どもが一歩を踏みだすとき




8月30日(土)に開催したオンライン講座

 『「不登校」「ひきこもり」の子どもが一歩を踏みだすとき』


ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!


*告知ページはこちら


こんにちは、オンライン講座裏方スタッフの bookfu です。


8月講座の講座内容は…


心理カウンセラーとして、不登校の子どもと その親から相談を受け続けること約50年の、内田良子さんからお話を伺いました。

これを読んで、 少し 『え?』と思いませんでしたか? 今年って日本が近代教育制度を設けて150周年で、明治5年9月4日が「学制」公布の日なんです。

50年/150年

日本の近代学校教育の歴史 1/3の期間

学校に合わない子に寄り添ってきた方なんだ! 

 


と思ったらもう、かなり、あれこれ、びっくりしてしまったんです!

『不登校って半世紀前から問題だったんだ!』
『だとしたら学校の歴史の1/3も ずーっと解決できてないって、おかしくない?』
『不登校の子の親の世代が生まれる前から、もう相談受けてたってことだ!』

受け終わってみたら、

『感じたこと 全部 丸ごと、回収してくれた講座だったなぁ』と思える講座でした。 そんな講座の内容を、ご紹介していきたいと思います。

不登校をめぐる状況 の説明 から、講座はスタートしました。 自分の子どものことにばかり目がいっていると気づかなかったのですが、内田さんが紹介してくれていたのは文部科学省が普通に公開しているデータで、見やすいグラフもちゃんと公開されていて、こういうものを長いスパンで見ているとはっきりと見えてくるものがある! ということに驚きました。 説明の中でふと、内田さんが付け加えていた言葉がとても胸に刺さりました。こんな言葉です。

「大人の社会だったら、対策をしてむしろ逆効果だったらすぐに何とかしようとしますね。それを相手が子どもだと、いつまでも同じことを続けて、今もこうした状態が続いているんですね。」

子どもをずっと見続けてきたからこそ、子どもの立場から大人の方を向いた時に見えることを、こうして言葉にんできるだろうなと思いました。


  不登校をめぐる状況が分かったところで…

  親は、   周りの大人は、


「不登校」「引きこもり」の子どもをどう受け止めたらいいのだろう?

ついつい思い迷ってしまう大人(私)が聞きたかったことです。お話は講座の核心に移っていきます。 内田さんのお話は、こんな順番で進んでいきました。