【開催報告】支援者向け講座『助成金が獲得できる!非営利団体向け・採択される助成金申請書の書き方講座 ② 』






10月8日(土)に開催したオンライン講座

『助成金が獲得できる!非営利団体向け・採択される助成金申請書の書き方講座 ② 』

にご参加いただいた皆様、ありがとうございました!


*告知ページこちら



こんにちは、オンライン講座裏方スタッフのどばし です。


今年で4回目となる多様な学びプロジェクトの人気講座『採択される助成金申請書の書き方講座』の第2回目が開催されました。

講師は、公益財団ベネッセこども基金 事務局長の青木 智宏(あおきともひろ)さんでした。


【講座の内容】


今年度の助成金講座では、採択される助成金申請書の書き方を2回の講座で学びました.

第一回目は、ファンドレイジングの全体像と団体にあった助成金のリサーチ方法についてでした。


第二回目となる今回は、「募集要項の読み解き方」と「採択率を上げるポイント」を中心に学びました。


「募集要項の読み解き方」では、実際に募集がある助成金の募集要項を画面上で共有しながら、要項をリスト化していく作業を、参加者の皆さんと確認しながら進めていきました。

また、申請書を構成する要素を分かりやすく10個に抜き出し、問われていることの意図や伝える際のポイントなど、採択されるために気を付けることを確認していきました。


【受講した感想】

私自身、小さいですが子どもの居場所を運営しているので、すぐ利用する気持ちで申し込みました。 助成金の申請は、募集要項をみて、手順通りに準備すれば手続きはできるものですが、今回の講座で「言われてみたら当たり前、でも、言われなきゃわからないこと」を学びました。 「知ってると、知らないとでは、採択率が全然違ってくる」ということが腑に落ちた講座でした。


「採択される申請書を書くための流れ」を、とても簡素な説明と視覚的に分かりやすいスライドの両方で示していただいたこともあり、自分がやることが整理できましたので、私は、本講座に参加でき大満足でした。


ですが、実は本講座が終わるまで、「今年は2日しかないから、物足らないのかなぁ」と、こっそり思っていたりもしました。(過去の講座は3回、5回連続講座として開催されていたのです)


しかし、です。

2日間の講座は、要点がしっかり詰まっているし、基礎をとても丁寧に説明していただけたのです。

「初心者でも実践しようと思える分かりやすさ」という、いただいたご感想に深く共感でした。私も、1回目の後にも、2回目の後にも実際に手を動かす気持になれて、無事に申請書を作成することができました!


また、当日参加の特典も体験しました。