【開催報告】 助成金が獲得できる!非営利団体向け・採択される助成金申請書の書き方講座 ①



9月3日(土)に開催したオンライン講座 『助成金が獲得できる!非営利団体向け・採択される助成金申請書の書き方講座 ① 』 にご参加いただいた皆様、ありがとうございました!


*告知ページはこちら


こんにちは、オンライン講座裏方スタッフのどばし です。


9月の支援者向けオンライン講座は、2019年から毎年開催し、今年で4回目となる多様な学びプロジェクトの人気講座でした。

講師は初めて聞いた人にもわかりやすいお話をしてくださると定評のある、公益財団ベネッセこども基金 事務局長の青木 智宏(あおきともひろ)さんです。


受講後には、毎回、多くの皆さんが実際に助成金を獲得できるようになっているときくこの講座を、はじめて当日参加で聞ける私は、「きっと私も…」という夢と期待でいっぱいで、始まる前からドキドキ・ワクワクしていました。



講座の内容


内容は、タイトルにずばりと書かれいるように、助成金を獲得するために、採択される助成金申請書の書き方を学ぶ 講座であり、2回の講座と1回のオフ会で、受講仲間とともに実践的に取り組める構成になっています。


1回目である今回は、ファンドレイジングの全体像と団体にあった助成金のリサーチ方法について、でした。


講座の前半は「ファンドレイジングの5つの手法と助成金の探し方」を、後半は「助成金を書く5つのステップ」をレクチャーいただきました。

後半のワークでは、受講者と青木さんのやりとりが反映されていく進行だったため、複数の人が関わる場だからこそ得られる学びの深まりを感じました。このワークからは、アーカイブ動画を視聴しているだけだったら得にくい気づきがあったと感じました。


受講した感想


今回の講座をうけて、自団体の目的や目標などが、まだまだ明確になっていないのだ、ということを自覚しました。自団体のことがわかっているようでわかっていなかった自分に気付けました。


助成金の申請が採択されるために、自団体の目指すところや方法論をできるだけ明確にしてきたつもりでしたが、助成元に伝わる説明にするには、まだまだ、自団体のことを深堀してく必要を感じました。

言語化や文書化をすることなしに、考えているだけでは、理解も説明する力が上がらないことも、本講座のワークや宿題に触れることで、改めて体感できました。


自団体を深堀していくこと…

この作業は、かなり時間と手間を要する、面倒なことです。

日々の業務に追われている中、深堀の実践は、どの運営者にとっても簡単なことではないと思います。


けれど、

このめんどうくさい作業を行って、自団体への理解を深め、自分たちの事業計画や、団体の価値を可視化してくこと、こうしたことが助成金申請書の採択率を上げる、ということに納得しました。


そして、自団体への理解が深まるほどに、団体にあった資金調達方法がわかるっていくことも理解できました。


また、助成金を取得することがもたらす相乗効果が、実は、お金を得る以上に価値のあることだということが心に響きました。