オンライン講座【休校明けの子ども達に いま大人ができること】開催報告


 5月31日、「休校明けの子ども達に、今まわりの大人ができること」というテーマでオンライン講座を開催しました。60名以上のお申し込み、当日も50名以上のみなさまにご参加いただきました。

 今回のゲストはこのお二人。

 病院内学級で学校に継続的に通うことが困難な子ども達へ関わってこられ、ドラマ『赤鼻のセンセイ』のモデルになり、NHK『プロフェッショナル仕事の流儀』にも出演された「あかはなそえじ先生」こと副島賢和さん

 子ども達との遊びの現場に立ち続け、すべての子どもが豊かに遊べる東京をつくる一般社団法人TOKYO PLAY代表理事、日本冒険遊び場づくり協会理事をつとめるプレイワーカーの「めだか」こと嶋村仁志さん

2人に共通するのは、子どもが発する「今」を敏感にキャッチして、受けとめ、子ども達が安心できる形で返せる「プロフェッショナル」な力です。

 共通して見えている課題と、今のような危機的状況で、保護者や教育者が、どんな風に子ども達と関わったらいいのかのヒントを多様な学びプロジェクト・代表の生駒知里がモデレーターとなってうかがいました。

■嶋村さんのお話 「子どもたちが遊ぶことの意味と、遊びがもつ重要性について」

まず、冒険あそび場とは?

「子供が自分で遊びを作り出せる場所。それぞれの子どもがやってみたいことをできる。何もしなくてもいい。一人でいるときにしか起こらない成長があると思います」。

特に気になったのは「遊びのレンズ」のお話です。

同じ子どもでも、見方(レンズ)によって見方、関わり方が変わる!

医学のレンズ、教育のレンズ、生活のレンズで見ると、つい怒ったり、止めたくなる行動も、「遊びのレンズ」を通してみると、一緒に楽しめてしまう、なんだか共感できるというお話です

 頭にセミの抜け殻が付いた写真や、アイスクリームの看板をなめちゃう子どもの写真を見て、参加者から、「すごい!」「うちの子もやってました」という声があがりました。

危機的状況でも遊びについて、IPAのガイドラインの紹介もありました。

喪失、病気、死といったつらいテーマを含む遊びについて(たとえば「コロナごっこ」など)は、子供にとって大事なこと。とめないほうがいいとされているそうです。子供たちの気持ちの発露として受け止めたいなと思いました。

■副島さんのお話「子どもは本来、今を生きる存在」

 副島さんは、小学校の教員を25年務めた最後の8年間を、昭和大学の院内学級の先生をされていました。

その経験をふまえて、いま、子どもにどう寄り添ったらいいかという視点でお話してくださいました。

その語り口はとてもおだやかで、それだけでほっとするような気持になりました。 まず「あかはなそえじ先生」という名前の由来について。

子どもたちとどう接していったらいいか悩んでいる時にみた『パッチ・アダムス』という映画がきっかけだそうです。

院内学級の子ども達に、親をはじめまわりの大人たちは「勉強なんて治ってからすればいい」と声をかけることが多いです。

でも、子ども達は、本当は勉強したいと思っている。ホントの学びに出会えた子たちはわくわくドキドキしているのですというお話にまずハッとしました。

 また福島さんのお話は今の子ども達の状況にも触れられました。

いま、傷付きの中にいる子たちが多いと思いかもしれません。喪失による傷付きです。

子ども達の喪失感は大人たちとは少しちがいます。