【開催報告】ファンとお金を集める一歩を踏み出すハードルが低くなった!「運営に悩む居場所運営者のための、ファンとお金を集めるはじめての寄付講座<実践編>」


2022年6月18日に、オンライン講座『運営に悩む居場所運営者のための、ファンとお金を集めるはじめての寄付講座② 実践編(オンライン、アーカイブ動画付)』を開催いたしました。

ご参加のみなさま、ありがとうございました。 

*告知ページはこちら


こんにちは! 講座裏方スタッフの bookfu です。


今年度、多様な学びプロジェクトでは4テーマ全8回「運営に悩むフリースクール・居場所運営者のための、はじめてのファンドレイジング講座」を開催しています。


最初のテーマは「寄付」 今回の講座は、初回5月の基礎編に続く2回目となる「ファンとお金を集めるはじめての寄付講座② 実践編」でした。


【プログラム】

こちらが講座の最初のスライドです。 様々な寄付プログラム実践のコツについて、わかりやすく整理された内容で教えていただきました。



寄付プログラムって何?!  という感じでしたが、具体的に上の4つがあることがわかりました。

団体を運営されている方なら、どれも知りたい内容だと思います!



【今回の講座をふりかえって…】

講師は1回目と同じく、ファンドレイジング・ラボ 代表で、認定N P O法人 日本ファンドレイジング協会理事でもある徳永 洋子さんです。

2回目ということで、面白くてわかりやすい語り口、目で見てスッと頭に入る資料で説明をしてくださるのがもうわかっているので、今回の講座はとてもリラックス&わくわくした気持で参加する事ができました。 私はまだ、居場所を作ったり団体を立ち上げたりという具体的な案はもっていないのですが、ふんわりと『何か子どもたちと一緒に出来ることはないかな~?』と思っているところです。

そんな素人っぽいモチベーションで参加した私なのですが、それでも、とても大切なことを教えてもらいました。

それは... 「支援をお願いすることにも、社会を変えていく大事な役割がある」


ということです。 ファンドレイジングの具体的な方法や、進めていくために押さえておきたいポイント情報も満載でした。 今、資金が必要な運営者の方に、すぐに役立つ講座だったと思います。 でも! そういった知識だけでなく、もしも運営に困ったときにも揺らがずにいられるような、心のより所をもらったように思います。


”善きエピソード”、”人とお金の善きつながり” をたくさん聞かせていただいて、お金を集めるということに対して、自分の心持ちを強くすることができたように思います。


この講座を受けて、仲間を集める一歩を踏み出すハードルが低くなったように感じました!

まずは個別につながっていた不登校家族の、LINEグループを作ることから始めてみようと思います。