top of page

プレスリリース:文科省後援 シンポジウム「不登校当事者の実態とニーズを把握し、官民共創でつくる効果的な施策とは」開催!不登校実態ニーズ全国調査の結果を報告


【2023年12月11日発信】


 特定非営利活動法人多様な学びプロジェクトは、2023 年 10 月 6 日から 12 月 31 日に実施の「不登校のこどもの育ちと学びを支える当事者実態ニーズ全国調査」について結果を報告するとともに、関係者の相互理解を深めることを目的として、2024 年 1 月 11 日にシンポジウムを開催します。



 不登校児童生徒は過去最多の 30 万人弱と急増(前年比 22 %増)し(文科省、2022 年)、約 38 % のこどもが相談や支援を受けられていない現状があります。当法人では現在、こどもと保護者の孤独や孤立を解消し、適切な支援を届けるための実態ニーズ調査を実施しています。


「不登校のこどもの育ちと学びを支える当事者実態ニーズ全国調査」


10 月 13 日時点の保護者アンケートの速報値は大きな反響を呼び、国会や各種メディアに取り上げられました。


参考:

◆NHK「体操服を忘れたら、ひとり教室に置き去りにされ…」先生の指導で不登校になった

◆朝日新聞本紙並びに朝日デジタル「居場所さがし、焦らずじっくり 不登校の子どものフリースクール選び NPO代表に聞く」

◆Yahoo!ニュース

「教員とギャップも?過去最多の「不登校」保護者が考える“学校を休むようになったきっかけ”調査結果が公開」


 本シンポジウムでは、保護者、こども、不登校経験者の実態ニーズ全国調査の確定値を公表し、当事者ニーズを国や自治体の施策にどのように反映させるか、施策をつくる側、実行する側、こどもや保護者などの当事者、彼らを取り巻く居場所運営者や有識者と共に考えます。



【開催概要】

名称:シンポジウム 〜不登校当事者の実態とニーズを把握し、官民共創でつくる効果的な施策とは〜

日時:2024 年 1 月 11 日(木)13:30~16:30

会場:オンライン開催(Zoom ウェビナーによるライブ配信)

   ※アーカイブ配信も予定しております。

定員:先着 600 名(事前申し込み制・申し込み締め切り 1 月 9 日(火) 17:00費用:無料

主催:NPO法人多様な学びプロジェクト

後援:文部科学省

助成:令和 5 年度 独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業

【登壇者】(登壇順/敬称略)

国立大学法人東京学芸大学社会科学講座 教授 加瀬 進 

文部科学省 初等中等教育局 児童生徒課 生徒指導室 課長補佐 大野 照子 

認定NPO法人フリースペースたまりば理事長 西野博之

国立大学法人信州大学教職支援センター  准教授  荒井 英治郎 

草津市教育委員会事務局 児童生徒支援課 主査 北村 大輝 

大阪府公立小学校教諭 松下 隼司  

国立大学法人奈良女子大学研究院 生活環境科学系 教授 伊藤 美奈子 

公務員/不登校経験者/不登校児童生徒の保護者 鈴村 結 

通信制高校生 色葉 みと 

NPO法人多様な学びプロジェクト 代表理事 生駒 知里 


【タイムテーブル】

13:30〜

開会・主催者挨拶

13:35〜

第 1 部 

「不登校のこどもと保護者 実態ニーズ調査」報告(NPO多様な学びプロジェクト代表理事 生駒 知里 /コメント:国立大学法人東京学芸大学 教授  加瀬 進 氏) 基調講演

「『COCOLOプラン』に沿った不登校支援策について」

(文部科学省 児童生徒課 大野 照子 氏)

14:30〜

第 2 部 先進的な自治体事例の紹介

①神奈川県川崎市 公設民営型フリースクール「フリースペースえん」について

(NPO法人フリースペースたまりば理事長 西野 博之 氏) ②長野県 信州型フリースクール認証制度について (国立大学法人信州大学教職支援センター 准教授 荒井 英治郎 氏) ③滋賀県草津市 フリースクール利用児童生徒支援補助金について (草津市教育委員会事務局児童生徒支援課主査 北村 大輝 氏)


15:10〜

第 3 部 パネルディスカッション

16:20〜

閉会の挨拶

16:30

終了

 また「​ひとりの小さな声を変える力にしていきたい」を合言葉に、受益者ニーズに沿ったボトムアップの提案を行うため、12月31日まで調査に尽力してまいります。

 私たちは当事者団体として、特に当事者の声が聞こえづらく届きづらい「こども」「不登校経験者」の回答をより多く集めたいと考えております。引き続き回答や周知へのご協力、よろしくお願いいたします。


「不登校のこどもの育ちと学びを支える当事者実態ニーズ全国調査」


【団体概要】

団体名:特定非営利活動法人 多様な学びプロジェクト

代表者: 代表理事 生駒 知里

所在地:川崎市高津区新作1丁目22番13号104号室


【本件に関するお問い合わせ】

特定非営利活動法人 多様な学びプロジェクト事務局

担当:生駒、前北、久保田、高柳

問い合せ対応時間:月-金 9:30-17:00(年末年始・祝日除く)



シンポジウム
.pdf
ダウンロード:PDF • 165KB

【プレスリリース】シンポジウム_多様な学びプロジェクト
.pdf
ダウンロード:PDF • 185KB





関連記事

すべて表示

みなさんから回答いただいたアンケートの速報値が早速国会でも取り上げられました!

本日、参議院 文教科学委員会で金子道仁議員(日本維新の会)が不登校・いじめ対策や学びの多様化学校について、大臣への質疑に立たれました。その際、みなさんから回答いただいたアンケートの速報値を取り上げていただきました。 ◆アンケートの速報につきましては下記をご覧ください。 https://www.tayounamanabi.com/single-post/pressrelease20231116 ◆国

コメント


New Topics
Archive
bottom of page